個々人を大切にするグローバルリーダー

 森靖孝さんと長く深い交流をお持ちの方々が多い中で、私が追悼文を寄せさせて頂くことは大変僭越に思いますが、森さんへの哀悼と感謝の気持ちとして参加させて頂くこと、お許しいただけましたら幸いです。


 森靖孝さんとは、湘南藤沢キャンパス(SFC)で本格的に留学生を受入れるために始められた、英語だけで学部を修了できるGIGAプログラムの留学生向けの奨学金制度の運営を通じ、そのお人柄、お考えに触れる機会を頂きました。メンター三田会奨学金は、元々2011年に起きた東日本大震災で被災し、進学を断念せざるを得なくなりそうな東北の若者の窮状を支援するために塾員の石井良明さんが始められましたが、ほどなくGIGAプログラムの留学生のためにも、ご支援を頂く様になりました。学費全額と生活費が支給される大変手厚い奨学金で、この奨学金のお陰で、SFCで学ぶ道が開かれた世界各地からの優秀な留学生の多くは、卒業後日本と出身国との懸け橋として活躍しています。


 メンター三田会の中心メンバーでいらっしゃる石井良明さん、森靖孝さん、鈴木茂男さんはその豊富なご経験を活かし、奨学金を受ける留学生一人一人の事情に心を砕いてご支援下さりました。ある優秀な留学生は、この奨学金によってSFCで学ぶ道が拓かれたのですが、在学中に試験直前の入院やいくつかの事情により、奨学金の継続が難しくなりました。公正性の維持と、苦境に陥った有為な若者の支援を両立させ、この留学生が学びを継続できたことは、森さんの卓越した知恵と柔軟性に富む思考のお陰です。大局をみつつ、個々人を大切にする、また人材の育成のためには労を惜しまない、森さんの血の通ったリーダーシップに多くを学ばせていただきました。


 SFC創立25周年記念イベントでは、中庭で肩を組みながら一緒に若き血を唄った事も懐かしく思い出されます。筋金入りの塾員の森さんと肩を組んで若き血を歌うことに、他大学出身の筆者は気後れを感じつつ、有難くご一緒させていただきました。立場、人種、年齢や経験を越えて、本質を大事にされた森さんに接する機会を頂いたのは、誠に幸いなことでした。


森さんを偲び、この言葉で締めくくらせていただきます。

 知恵は真珠にまさり、

 どのような財宝も比べることはできない。  旧約聖書 箴言8章11節

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square